8、民法の書籍(1)・受講料の高い予備校を利用せずに市販の書籍で司法書士試験に合格する方法を伝授します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8、民法の書籍(1)


書店に行くと様々な書籍があります。

しかし、本当に司法書士試験に適した書籍というものは少ないものです。

そこで、下記の書籍をご紹介します。

著書の山本先生は大手予備校の司法書士講座の人気講師でありますから、とても司法書士試験を意識した内容となっています。

また、法律を理解するための一種のコツのようなものを随所に書かれています。通常は予備校の講義でしか聴けないような話が書かれているのです。

さらに、難しい内容を咀嚼して平易に表現するという点において山本先生より優れている人を私は知りません。

そして、この本は読みやすいため単なる入門書に見えますが、実はこの本だけで司法書士試験の過去問はほぼすべてマスターできるのです。たとえこの本に載ってない知識問題が過去問集にあったとしても、解説をよめばすんなり理解できるのです!この本がいかに急所をとらえた本であるかの証左です。

まずはこの本を5回10回と繰り返し読んでください。そのとき、必ず六法で条文を逐一引いてください。

そうすればあっというまに予備校え勉強している人に追いつき、追い越すことができるでしょう。

 

スポンサーサイト
Copyright © 独学司法書士 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。