詭弁に注意・受講料の高い予備校を利用せずに市販の書籍で司法書士試験に合格する方法を伝授します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詭弁に注意


司法書士試験以外の他資格ですが、ある資格試験予備校の講師の書いた勉強法の本をよんでいたところ、こんな記述がありました。 要約するとこうです。 独学の場合、金銭的に損である。 なぜなら、たしかに資格試験の予備校に通うと受講料などで数十万円はかかる。 しかし、1年合格が遅れれば、士業として1年間に働いて得られる数百万円の損をする。 今数十万円を出費することにより、数百万円の得につながる。 だから、独学よりも予備校に通ったほうが実は経済的である。 こんな感じです。 でも、これは明らかに詭弁です。 独学だと合格が遅れることを前提に書いてるからです。 しかしですね、大昔ように出版物が存在しなかった時代と違って、今はたくさんの良質なテキスト、問題集が出ています。 むしろ講義を聴くという作業が勉強した気にさせる分合格を遠のかせる側面もあります。 私が独学を薦めるのは金銭的な側面もありますが、独学のほうが合格しやすいと考えるからです。 去年独学で短期合格された方を何人か知っていますが、みな口をそろえていってます。 「独学だから短期合格できた」と。
スポンサーサイト
Copyright © 独学司法書士 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。