1、独学で合格は可能か?・受講料の高い予備校を利用せずに市販の書籍で司法書士試験に合格する方法を伝授します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1、独学で合格は可能か?


司法書士試験の合格体験記などを見るとほとんどの方が予備校の講座を利用されています。

とすると、予備校を使わずにいわゆる独学で合格はできないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

司法書士試験は、基本的には独学で合格可能です。なぜなら司法書士試験の出題というものは条文・判例・先例などの客観的な知識を問うものが多く、それらの知識は市販されている書籍で学ぶことができるからです。

では、なぜ独学での合格体験記がほとんど見当たらないのでしょうか?それは合格体験記のほとんどは予備校が自己の講座の宣伝をする目的で執筆を依頼しているからです。つまり、独学での合格者には予備校からの執筆依頼が無かったり、あるいはあったとしても掲載されないのです。

ですから実際には相当数の独学での合格者は存在するのです。ただ、私は「基本的に」独学での合格は可能と書きました。

これは何を意味するのかといいますと、どうしても独学ではまかないきれない部分があるので、それに関してだけは予備校の利用が不可欠ということです。具体的には、時間配分の訓練として模試を受ける必要があります。どこの模試を受けたほうがいいかは後日掲載したいと思います。

スポンサーサイト
Copyright © 独学司法書士 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。