未分類・受講料の高い予備校を利用せずに市販の書籍で司法書士試験に合格する方法を伝授します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法の書籍(2)


なるほど民法を読み終えたら早速過去問にとりかかりましょう。 司法書士試験に合格するために民法で必要な教材は、なるほど民法、詳細登記六法 平成20年版(全2冊) (2008)、過去問で十分です。 ただ、なるほど民法は根抵当権の記述が薄いので、この部分だけは伊藤真試験対策講座2 物権法で補充してください。 過去問集は、司法書士試験合格ゾーン過去問題集民法 2008年版 上 (2008) (司法書士試験シリーズ)司法書士試験合格ゾーン過去問題集民法 2008年版 下 (2008) (司法書士試験シリーズ)がいいでしょう。解説が詳しいからです。 独学のポイントは薄いテキストと解説の厚い過去問集です。 知識は過去問集で得る、テキストは体系をつかむために使用するというイメージです。
スポンサーサイト
Copyright © 独学司法書士 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。